パラグアイに行こう

パラグアイの首都アスンシオン市からの発信です!!

アスンシオン首都圏 日系社会

日本学校(幼稚園から大学まで)-01・校舎・設備 NIHON GAKKO

「日本学校」という学校がアスンシオン郊外、フェルナンド・デ・ラ・モラ市にあります。「日本語学校」というのは永住者の子弟が日本語を勉強する場所、「日本人学校」というのは日本から派遣された子弟が勉強する場所、そしてこの日本学校は?パラグアイ人によるパラグアイ人の為の私立学校なのです。創立は1993年、現在は幼稚園から大学まで3700人の生徒・学生が在籍しているそうです。大学は、日本学校大学という名称になりますね。

日本学校(幼稚園から大学まで) (2016年11月08日)
アスンシオン近郊に日本学校という幼稚園から大学までを有する私立の学校があります。現地の人が日本に留学に行った際に日本の教育に感銘を受けて始めたということで非日系の人達が始めた学校です。大学名は日本語では日本学校大学、現地名は「UNIVERSIDD NIHON GAKKO」です。世界には色々な日本をテーマにした学校があると思いますがこのような学校は余り無いと思います。幼稚園から高校までこの学校に通いますと12年間、人間が成長する時期にずっと日本を意識、日本は素晴らしい国であるとして育つ訳でこのような人材が毎年排出される事は当地日系はもとより日本にとっても大きい存在であると思います。

住所:TENIENTE RIVAROLA 2824 C/RUTA NEMBY,FERNANDO DE LA MORA , PARAGUAY
電話・FAX 595-21-507-437/ 523-222

共有スペース (2016年11月08日)
中に入りますと共有スペースとなる舞台付きの体育館があります。毎朝の朝礼などはここで行われます。

皇室の写真並びにプレートが飾られています。両陛下の写真とご一家の写真がありますが、紀宮様が写っていますのでご結婚前の写真のようです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。