パラグアイに行こう

パラグアイの首都アスンシオン市からの発信です!!

商売・ショッピング・ホテル

携帯電話修理店 Paull service express  (2019年10月30日)

アスンシオン中心部パルマ通りに在る携帯電話修理店です。愛用の携帯電話に不具合が生じたのですが、直ぐに修理していただきました。

Paill  service express

Palma 648/15 de Agosto  

0983-372-800

帯電話修理店 Paull service express (2019年10月30日)

3年近く愛用しているiphoneのカメラが作動しなくなりました。アプリか何かが原因かと再起動したり色々と試してみたのですが自画像側のカメラは動き表示されるのでカメラが故障したのか接続に問題があるのかとにかく本体の内部の故障と判断しました。インターネットで調べますとiphoneの耐用年数は約3年とあり、そろそろ寿命なのかとも思いました。当地にはアップルストアーはなく、日本の知人でiphone愛好者に尋ねると修理すると日本ですと、4万円程はかかるので買い替えた方が良いとのアドバイスを受けました。

周囲の人に尋ねるとiphoneを使っている人は少数でどこで修理をすれば良いのかわからないとの事で取り敢えずアップルを多く扱っている店に向かいましたが、よく分からないという雰囲気で1,2週間預からせてくれるかと言うので、これはダメだと判断してセントロに向かいました。色々と尋ねるとある韓国人にパルマ通りに在る小さい店を紹介され、行ってみました。

中にはちょっと怖そうなお兄さんが数名働いていて、皆さん修理に奮闘していました。自分の携帯を差し出しカメラが機能しないと説明すると、すぐ直すので待っていろとの事。下の方から別のiphoneを取り出し、そこからカメラ部品を私の機器にセットしておしまい。料金は50万グアラニ、約1万円とそこそこの値段ですが、このカメラは中古ではなく、新品とのこと、まあ使えるようになったので良かったです。

話を訊くとどの機種でも修理するとのこと、奥で座っている3人は携帯電話、通路で立っている人はタブレット端末とゲーム機を修理する人なのだそうです。待っている間にも次々と客が入って来ました。一人で一日20台~30台は修理をするのだそうです。固定電話のサービスが悪いパラグアイでは急速に携帯が浸透し、かなりの人が所持しています。ただし高価な商品で不具合があったとしても簡単には買い替えられるものではありません。このような店が繁盛し、その技術力が高いのは如何にもパラグアイですね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。