パラグアイに行こう

パラグアイの首都アスンシオン市からの発信です!!

アスンシオン首都圏

サン・ヘロニモの丘 Loma San Jerónimo


アスンシオンのセントロの外れにサン・ヘロニモの丘と呼ばれ小高い丘があります。余り綺麗では無くごちゃごちゃとしていますがここを観光化しようと家や壁を原色のペンキで塗り派手な演出を施して目立つようにしています。3ヶ月程前から始めたのだそうでこの丘の周りは散策コースになっています。何もしなければ単に汚い場末の地区であったのが少しの工夫で話題の観光スポットに変身したのですから大したものです。まだ始めたばかりですがこれから次第に派手になって行くのかも知れません、アスンシオン版カミニートになれるのか注目です。





セントロの外れにジェロニモの丘という場所がありセントロや港が見渡せます。展望の良い場所は個人の敷地となっているのですが、ここを中心に観光開発が進み何となくブエノスアイレスのカミニートを目指しているように感じます。カミニートは港町で船に塗る塗料が余るとそれを家に塗り結果的に原色で彩られた街並みが出来て観光名所となっていますが、ここでは単に目立つだけの目的で原色のペンキを家や壁に塗っています。何もしなれければ誰も注目しませんが、目立てば話題となり人がやって来ると考えての事でしょう、地区がまとまって行動を起こした事は評価します、今後はこの地区がセントロに近いという地の利を生かしてコンスタントに観光客を呼び込むことが出来るように整備が進むか注目しています。

(古地図:サン・ヘロニモの丘の位置)

(写真:ピラベベ通り-01)

(写真:ピラベベ通り-02)

)

(写真:ピラベベ通り-03)

)

(写真:ピラベベ通り-04)

(写真:ピラベベ通り-05)

(写真:小道を行く-01)

(写真:小道を行く-02)

(写真:小道を行く-03)

(写真:丘に向かう階段-01)

(写真:丘に向かう階段-02)

(写真:丘に向かう階段-03)

(写真:丘に向かう階段-04)

貼り紙があり、そこには「展望台・入場料2千グアラニ」とあります。普通の民家のようですので家の人に尋ねますと「入れ、自由にどうぞ」という事でそのまま入りました。家の脇に階段がありそれを上るように言われました。

(写真:展望台のある家-01)

(写真:展望台のある家-02)

(写真:展望台のある家-03)

展望台からは港の様子、アスンシオン湾の様子、セントロ地区の様子を見る事が出来ます。確かに価値ある眺めですね。

(写真:屋上の展望台からの眺め-01)

(写真:屋上の展望台からの眺め-02)

(写真:屋上の展望台からの眺め-03)

(写真:屋上の展望台からの眺め-04)


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。